体力勝負の土木作業員

体力勝負の土木作業員
高収入バイトというと体力が勝負の仕事というイメージがあります。
土木作業員は昔からある高収入バイトのひとつといえるでしょう。

コツをつかむことが大切

仕事の内容は、建築現場などで現場監督や職人の指示に従って資材を運んだり掃除をしたりと現場がうまく回るようにサポートするというもので、最近では女性が働いている姿も見かけるようになりました。
経験や資格、スキルなどは特に必要ありませんが、大型や小型特殊免許を持っているとダンプカーや重機の運転をする機会があるかもしれません。
経験がなくても仕事はこなせますが、資材の運搬などはコツがあるのである程度経験のある人のほうが上手にできるでしょうし、疲れ方にも影響があります。
現場の土木作業員のバイトは高収入が得られるだけでなく、1日のみといった短期の仕事も多くその日に支払いしてもらえるのですぐにまとまったお金が必要という場合にも最適なバイトです。
現場や仕事内容、地域などによって給料は異なりますが、だいたい日給8,000円から10,000円程度が目安となります。
基本的には8時間労働なので定時には仕事を終えることができますが、作業の進み具合によっては残業をすることもありますが、もちろん残業代は時給換算されて支払われるのでご安心を。

とにかく疲れる

この仕事にデメリットは、やはり何といっても疲れることでしょう。
特に初めてや経験の少ないときにはコツがつかめずに予想以上に疲れてしまうことも多いといいます。
したがって、日雇いの多い仕事ですが継続していくことで徐々に慣れていけば、疲れも少なく効率的に仕事ができるようになるはずです。
また、高所での作業や解体現場などでの仕事なので、危険と隣り合わせであることもデメリットといえるかもしれません。
バイトの場合、怪我をしたりしても保険の対象でないことが多いので注意が必要です。

関連する記事